トップページ > ヒゲ脱毛のギモン >  医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はもともとあざやほくろを治療するために使われていたものを研究を重ねて医療レーザー脱毛に進化したものです。

レーザー照射することでレーザーが黒い毛に反応して毛根を熱破壊するという仕組みになっています。

医療レーザー脱毛はその名の通り、医療機関でしか受けられないものです。

また、医療レーザー脱毛の機械は米国FDA公認の医療用脱毛専用レーザーを使いますが、日本人の毛は黒いので、どのクリニックも日本人の毛質にあった機械を使用しています。

ただし、1回のレーザー照射では終わらず、ヒゲ脱毛の場合10回前後通うことになると思います。
(回数はその人によって違ってきます。)


一般的には、ダイオードレーザーは痛みを軽減させるために肌を冷却をしながらレーザー照射を行うので、アレキサンドライトレーザーに比べて痛みが少ないと言われています。

クリニックでヒゲ脱毛を受けるならダイオードレーザーのあるクリニックがいいでしょう。

痛みががまんできない人などは、クリニックによって治療前に麻酔剤を使って痛みを軽減してくれるところもあるので、カウンセリングの際に相談してみましょう。

目次