トップページ > ヒゲ脱毛のギモン >  針脱毛(電気脱毛)

針脱毛(電気脱毛)

電気脱毛とも言われ、毛根に針を挿入し、電気を通して、毛の発生源を破壊します。

こちらもクリニック、メンズエステともに行われている施術です。

クリニックの針脱毛は以前は、痛みが強かったり、火傷や色素沈着を起こしやすいという欠点がありましたが、現在は皮膚に負担をかけずに安全に脱毛することができるようになっています。と、言っても当然、医療レーザー脱毛よりは痛いです。

どうしても医療レーザー脱毛では、脱毛しきれない部分をこの針脱毛で脱毛します。

一方、メンズエステの針脱毛はごくごく細い針をムダ毛が生えている毛穴に差し込み、電気(高周波)を流すと同時に、電気分解反応を行い、毛根を焼くという方法です。一見クリニックの針脱毛と同じじゃないかと思うかもしれませんがここでも、エステの機械では電気の出力が弱いため高周波を組み合わせることになるわけです。

エステでの針脱毛は施術中にかなりの痛みを伴うことや、施術にかなりの時間と期間がかかることが欠点とされています。

また、素人さんのエステティシャンがやるとエライことになるので針脱毛を受けるならエステサロンの見極めが大切になります。

目次